《void #48-60》

​ミュージアムタワー京橋(10〜15階、17〜22階、23階)|   2019年

photo:Toshiyuki Togashi

matterport:ARCHI HATCH

 

ミュージアムタワー京橋とのコミッションワーク作品です。

合計13階分(10〜15階、17〜22階、23階)のエレベータホールに作品が設置されています。

 

画面が荒い網点で構成されているため、作品を離れてみた際に感じられる木々のイメージは近付くと点の列に消えてしまいます。

また、本作品は階を跨いで鑑賞できる点に特徴があり、階が上がるにつれて徐々にイメージ内の地平線の位置が下がっていきます。

そのため、エレベーターが開くたびに、視点や時間の変化を感じる事ができます。

 

最上階の23階に至るとイメージ内の地平線は消え、さらに360°作品に囲まれることになります。

こうした森に迷い込むような体験によって、「もの」の儚さ、辿り着けなさ、現象性、また身体が上昇していくことによる浮遊感を表現しています。

This is a commissioned work with Museum Tower Kyobashi.

The works are installed in the elevator halls on all 13 floors (10th to 15th floors, 17th to 22nd floors, 23rd floors).

23F

23F

_BUD7671.jpg
_BUD7670.jpg
_BUD7682.jpg
_BUD7679.jpg
_BUD7689.jpg
_BUD7683.jpg
_BUD7685.jpg
P11447372.jpg

12F

_BUD7594(修正).jpg
_BUD7622.jpg
_BUD7617.jpg
_BUD7610.jpg

​ダイアグラム

22F

MTK配置22.jpg

 

21F

MTK配置21.jpg

 

20F

MTK配置20.jpg

 

19F

MTK配置19.jpg

 

18F

MTK配置18.jpg

 

17F

MTK配置17.jpg

 

15F

MTK配置15.jpg

 

14F

MTK配置14.jpg

 

13F

MTK配置13.jpg

 

12F

MTK配置12.jpg

 

11F

MTK配置11.jpg

 

10F

MTK配置10.jpg